おまとめローンを利用するなら銀行か?消費者金融か?

 

おまとめローンを取り扱っている消費者金融や銀行はいくつか存在しますが、銀行と消費者金融だとどちらがおまとめローンを利用するためにはいいのでしょうか?なかなか知らない人にはには判別がつきにくいですよね?

 

そこで、おまとめローンについて消費者金融と銀行でどう違うかを比べてみました。

 

1 金利なら圧倒的に銀行系のおまとめローン

 

 やはり一番のメリットである金利面での負担を見るとなると、金利がどうなっているかは重要なポイントであります。ここで金利面を比べてみると、銀行系のおまとめローンの方が大きく部があるといえます。
金利面では消費者金融に比べると大きく差があり、上限の金利が10パーセントを切るようなケースも存在すれば、下限でも2パーセント前後とかなりの低金利で借り入れができるという結果があり、中堅や地方の銀行系のおまとめローンですら消費者金融に十分に金利面で優位に立っているようなことは珍しくないのであります。

 

 また、銀行系カードローンは借入限度額の面でも消費者金融よりも差があり、最大で1000万円まで借り換えが可能というようなところもありますから金利面だけでなく、借入限度額でも大きく差があるものと言えます。

 

このような感じで銀行系カードローンはかなり大きな利点があるといえ、おまとめローンでは銀行系のものの方が優位な側面は否定できないと思います。

 

2 消費者金融にもメリットはあるのか?

 

 では、消費者金融は全く銀行系のおまとめローンに太刀打ちできないのだろうか?そんなことはありません。確かに金利面などでは大きく溝をあけられており、金利の適用が高い消費者金融ではおまとめするメリットはあまり感じられません。

 

 ですが、審査の点では銀行系のものよりも緩いです。 もちろん、理由としては金利面での差が影響しているのであります。もし、銀行系カードローンで審査が通らないとなるとこちらに行かざるをえない側面は否定できませんので、消費者金融のおまとめローンを利用してみる価値も一定数は存在しているのです。

 

このような感じでおまとめローンは、銀行系のものを選んだほうが無難であるといえるでしょう。その方がおまとめローンをメリットを大きく受けることが出来るからです。 しかし、自身の状況が銀行系カードローンを利用できない状況であると判断される場合には、消費者金融でのおまとめローンというのも一考の価値はあるものだと思われます。