おまとめローンの借入限度額の相場

 

おまとめローンでは、借金の限度額が存在します。実際には限度額いっぱいまで借り換えする人は少ないのですが、限度額はいったいどこまでが相場だろうか?気になる側面は否定できないと思います。では実際はどれくらいが限度額の相場となっているのでしょうか?

 

1 消費者金融のおまとめローンの借入限度額の相場

 

消費者金融ですと、平均すると300万円ぐらいが借入限度額の相場と言われています。大きな消費者金融でもおおよそ500万円が限度と言われており、後に紹介する銀行系のおまとめローンと比べると消費者金融の限度額は比較的小さいといえるかと思われます。やはり消費者金融でのおまとめローンはあまりいい感じではない面があり、借入限度額的にも利用はしにくい感じが否めないと思います。

 

2 銀行系のおまとめローンの借入限度額の相場

 

一方で銀行系のおまとめローンの借入限度額についてはおおよそ500万円から600万円くらいが相場であるといえます。地方の銀行よりも全国展開しているような銀行の穂王が特に借入限度額は高く、借入限度額が高い所では、800万円とか1000万円とかかなり高い借入限度額を設定しているところが多いです。

 

借入限度額が低めと言われている地方の銀行でも消費者金融並みかそれ以上の借入限度額を設定しているところは多く、借入限度額の大きさの面では銀行系のおまとめローンの方に軍配が上がるものといえるのです。借入限度額が低くて借金をまとめきれないような場合には、銀行系のおまとめローンを利用した方がいいのではないかと思われます。

 

3 ただし、借入限度額に惑わされすぎてはいけない

 

しかし、先にも書きましたが、多くの場合は借入限度額までお金を借り換えるというようなことはありません。あまりに大きな額の借金については業者の側も審査を通すようなことは考えにくいですし、多くの場合は消費者金融の借入限度額の相場である300万円を下回ることがほとんどです。

 

仮に借りられたとしても、かなりの収入や資産があることが求められるでしょうし、おまとめするよりも任意整理などを利用した方がいいケースも多くあります。ですので、借入限度額よりも自分の資産状況を踏まえつつ、利用がしやすいおまとめローンを利用しることを心がけたほうがいいでしょう。

 

借入限度の相場は、銀行系の方が高いですが、多くの人にとっては全体的に見てかなり限度額は高いといえます。後は、自分自身が利用のしやすいおまとめローンを利用することをお勧めします。