おまとめローンは総量規制に引っ掛からないのか?

 

総量規制というものが現在にはありますが、この総量規制によって、特定の機関でお金が借りられないようなことがあったりします。

 

そういった記し絵があったりすると、もしかして今自分は多重債務の状況だけどお金を総量気鋭の影響で借りられなくなるの?と考えてしまうようなことがありうるかと思います。では、おまとめローンには総量規制の適用があるのでしょうか? この点について彼から説明を加えていきたいと思います。

 

1 おまとめローンは総量規制の対象外である。

 

まず、結論から言いますと、おまとめローンは総量規制の多少がでありますので、銀行系のものだろうと、消費者金融のものだろうと関係なく、借金の総額が年収の3分の1以上であったとしても、おまとめローンを利用することは可能です。

 

何故、おまとめローンは総量規制の範囲を超えた面があっても大丈夫なのかというと、総量規制には例外があって、借金をする際に借りる側が一方的に有利となる借り換えとなる場合には、総量規制の対象外となる例外規定があるのです。

 

おまとめローンはその例外に当たるということが、総量規制の対象外の理由であります。 業者によっては、総量規制の範囲内でしか行けないというようなこともありますが、おまとめローンは原則として総量規制の対象に当たらにというのが結論なのであります。

 

2 しかし、審査は厳しくなるものと考えるべきである。

 

ですが、おまとめローンを利用できるからと言って、総量規制の範囲内の金額を逸脱するとかなりのペナルティーがあると考えたほうがいいです。

 

やはり総量規制というのは、お金が返済できる範囲の基準として打ち立てられているものでありますから、その基準から出てしまったものについては返済可能性が見込めないだろうという理由から、融資を断られる可能性が高くなるということを考えておく必要があるでしょう。

 

実際に、多くの金融業者は年収の3分の1以上になるとより審査を厳しくするところが多く、よほど収入や資産などいい条件がそろっていない限りはかなり審査が厳しくなるとみていいと考えられます。 総量規制の対象でないからいい。と安易に考えない方がいいでしょう。

 

おまとめローンは、総量規制関係なく利用できることが多いので、お金の返済に苦労している方はどんどん利用してみるといいでしょうが、おまとめローンを利用するには厳しい側面があるということをよく理解して、申請をしてみないといけないと思われます。