おまとめローンと任意整理の違い

 

最近では、色々な借金の返済方法や、返済手段が存在しますが色々な方法があるとなんだかどれがいいのかよくわからなくなることがありますよね?

 

そんな中で、おまとめローンと任意整理との違いはどれくらいお分かりになられておりますか?今日はこの二つの違いについて大きな点を簡単に説明したいと思います。

 

1 信用情報に乗るかどうかの違い

 

まず、一番の違いとしては、信用情報に乗るかどうかの違いがあります。任意整理を行いますと、信用情報に乗ってしまいますので、当たらに借入することがほぼ出来なくなってしまいますし、名前も公に出てしまいます。

 

ですがおまとめローンの場合ですと単なるお金の借り換えですので、信用情報に乗ることはありません。信用情報に乗らなければ新たなお金を借りることもやりやすいですし、信用情報に乗るようなデメリットも発生しないのであります。

 

2 借金の減免について

 

二つ目に違いがあるとすれば借金の減免であります。任意整理ですと借金についていくらか引いてもらうことが可能でありますが、おまとめローンは借金を借り換えるだけですので借金の総額は減りません。

 

任意整理はお金を返済するうえで、元金の減免や利息負担がなくなるなどの面で返しやすくなりますがもまとめローンは金利面で優位性が出る程度でそれ以上には借金の負担が減らないようになっているのです。

 

3 返済の交渉について

 

さらに、任意整理では返済の交渉についても違いがあります。

 

任意整理は弁護士などの法律のプロが入ることが大半で、多くは任意整理を行うことによって借金の返済について業者と多くのやり取りをしながら返済のことについて決めることになります。

 

ですが、おまとめローンの場合には借金の借り換えだけであり、業者からの審査はあれど、自分から返済についての交渉などはまず行えません。

 

返済の交渉について、第三社が仲介するかしないかや、交渉の過程について全くと言っていいほどの違いが存在するのです。また、任意整理には厳しい審査もなく、多くの場合には、交渉に応じてくれる可能性が大きいので、おまとめローンと比べて利用できるかどうかの可能性にも違いは出てくることもあります。

 

このような感じで、任意整理とおまとめローンには大きな違いがあるといえるでしょう。どちらを利用するかはあなたの借金の状況を踏まえたうえで、より大きなメリットを得られる方に舵を切られるといいと思われます。